社員紹介

事業部横断的な技術共有で

生産性の高いチームづくり

Shun.Y /グノシー事業部 開発チーム

-現在の業務内容は

現在、グノシー開発部の開発マネージャーとしてチームのパフォーマンス向上にコミットしながら、Android/サーバーサイドエンジニアとしての業務を担っています。「グノシー」に関する施策の調整と、チーム内でリソースが不足している開発に自ら参加し、スムーズに施策を進めることが、求められているミッションです。これまで「グノシー」Androidアプリの言語をJavaからKotlinへ移行するプロジェクトや、「LUCRA」 Androidアプリの新規開発等に携わり、直近では、Gunosy初となるライブ動画開発のリードエンジニアとしてプロジェクトをけん引する役割を担いつつ、動画配信やコメント機能等のサーバーサイド開発も行いました。アプリ開発の中では、特にアニメーションのコードとアーキテクチャを考えることに注力しており、最近ではClean Architecture + MVIでの開発にも挑戦しています。

 

-仕事をする上で大切にしていることは

主には2つあります。1つは、スピード感のある開発で、実際に人からフィードバックを得ることです。Gunosyは数値で意思決定を行う会社*なので、新機能等のリリース後に得る数値によるフィードバックが大切であるのはもちろんですが、アプリという「人が使うもの」を開発しているため、機能を早急に形にし、自分自身や社内のメンバーからフィードバックを得ることが重要であると捉えています。もう一つは、より良いコードを追求し続けるということです。エンジニアにとって、ただ動くだけのコードを書くことはそこまで難しいことではありませんが、それでは可読性や再利用性が低くなりがちです。アーキテクチャやフレームワークのレールに乗ることによってある程度は担保されますが、それに頼るのではなく「より良いコードはないか?」ということを常に考えながらコードを書くよう留意しています。

 

-今後の目標は

開発マネージャーとして、チームメンバーの働きやすい開発環境づくりを進めていきたいと考えています。メンバーが新しい技術にトライしやすい環境に整えたり、組織横断的に技術共有を行ったりすることによって、より生産性の高いチーム、会社づくりに寄与していきたいです。また、現在グノシー事業部では、機能が多くなり複雑化してきた「グノシー」において、よりユーザーにとって使用感の良い機能の開発や、導線の整理を行うプロジェクトを進めているので、これを成功させ、より良いアプリに成長させていきたいです。

 

-Gunosyエンジニア組織にフィットする人物像とは

「数値で意思決定ができる人」だと思います。A/Bテストをリリースした結果の数値が、予測よりも伸び悩んだということはよくありますが、そうなったときに直感に任せて公開範囲を広くすることはGunosyでは許されません。数値が悪かったときに勇気を持って撤退する、あるいは新たな改善案を出す、という意思決定ができる人が、Gunosyで活躍できる人物像だと考えます。また、もう一つ加えるとしたら「プロダクトを自分で作っていきたい人」でしょうか。Gunosyでは、施策の提案から実装、検証までを一貫して行うことができるので、自身の提案や技術がプロダクトや売上にダイレクトに影響を与えるということを肌で実感できます。それらを楽しみながらも責任感をもって取り組むことができる人が、Gunosyエンジニア組織にフィットすると思います。

 

*Gunosy Wayの一つに「数は神より正しい」という考え方があります。全メンバーが、会社の重要な数値指標(KPI)が何であるか、その目標値と今日の数値を共有しており、誰かの経験や勘ではなく、数字や事実をベースに議論や提案ができることが、Gunosyで一緒に働くメンバーに、最も重要なこととして求められています。

 

■オウンドメディア「Gunosiru(Gunosiru)

■掲載記事

前例のない開発に挑む!ライブ動画開発チームが語るGunosyエンジニア組織の強みとは?

Shun.Y 

グノシー事業部 開発チーム


2017年新卒入社。筑波大学 情報学群 情報科学類卒。

在学中はITベンチャー企業にてtoC向けアプリ開発のクライアント/サーバーサイド、Webフロント開発を経験。

2017年4月にGunosyへ新卒入社。入社後は、「グノシー」をはじめとする、各プロダクトのAndroidアプリ開発を担当。クライアントサイド、サーバーサイドのどちらもマルチに開発する。2017年12月より、自身も未経験であったライブ動画開発をスタートし、プロジェクトチームをけん引。3ヶ月という圧倒的なスピード感のある開発で2018年2月にリリースした。

2018年9月よりグノシー開発部にてマネージャーを務める。

使用言語はKotlin, Java, Golang, TypeScript, Ruby。

 

Careers at Gunosy

エンジニアの募集要項へ

社員紹介の一覧へ