社員紹介

新卒で事業責任者へ
自分自身の成長が事業の成長に繋がっている

Kenta.W/新規事業開発室 部長

-新卒でGunosyを選んだ理由

エンジニアリングだけでなく、プロダクト改善や事業立ち上げに関する能力を、できるだけ早いスピードで身に着けることができると考えたからです。また、在学中より当社のインターンに参加し、エンジニアとして主に社内ツールの開発を担当しており、社風もよく理解できていたため、自分にマッチすると感じていました。その中で、創業メンバーや経営陣がどのように意思決定し、ビジネスを推進していくかという考え方に共感していたことも、入社を決定付けた大きな要因の一つです。

 

-現在の業務について

新規事業開発室の部長兼事業責任者として新規アプリの立ち上げを行っています。サービス改善に関する意思決定やディレクション、チームメンバーの採用など事業推進に必要な全てのことを、事業の状況に応じて柔軟に行なっております。また、サービスの成長に応じてチーム体制やワークフローを改善し、チームの拡大やサービス価値向上を実現できるよう努めています。もともとエンジニアであったため、開発やデータ分析に関する議論はエンジニアメンバーと行いやすく、重要な意思決定のタイミングでは開発に関する微細な部分までエンジニアと議論することもあります。

 

-今後の目標は

中長期的には、より大きな事業、より大きなチームを育て、世の中に影響力のある事業を経営し続けていたいという目標があります。新規事業においては、自分自身の成長が事業の成長に直結すると考えているので、できるだけ素直に自分を変化させ、できることを急激に増やし、結果的にそれが事業の推進力強化に寄与していく、というような相乗効果を生み出していきたいです。

 

■オウンドメディア「Gunosiru(グノシル)

■掲載記事

新規事業の育て方~Gunosyに新卒入社した2人が七転八起!その中で手にした強さとは

■メディア掲載記事

チームマネジメントはヘコむことも多いけど、自らの血肉になる」/ASCII.jp

LUCRA事業責任者に聞く、よりスケールの大きな“ものづくり”の魅力とは?」/@IT

Kenta.W

新規事業開発室 部長


2016年新卒入社。東京大学工学部卒。

Gunosyの共同創業者の一人である関喜史が手掛けるGunosyデータマイニング研究会への参加をきっかけに、在学中からインターンとしてGunosyに参画。

入社後は「LUCRA」立ち上げの開発メンバーに、その後入社2年目にしてプロダクトオーナーに抜擢される。現在、新規事業開発室 部長として新規メディアの立ち上げを行う。

Careers at Gunosy

エンジニアの募集要項へ

社員紹介の一覧へ