社員紹介

知識の共有が大事
成長させてくれたディレクション業務

Saori.O/コンテンツマーケティング事業部 リサーチG

-Gunosyに入社を決めた理由

私は母の教えでもある「自立した女性になりなさい」という言葉を大切にしていたので、どの時代でも社会に求められる人材になりたいと思っていました。
Gunosyを知ったのは友人の紹介で参加したインターンがきっかけです。働き方に対する価値観が自分の考えとマッチしていただけでなく、毎日新しい発見がある環境だったので「仕事を楽しむ」感覚を知りました。Gunosyではスピード感を持ってPDCAを回しプロダクト改善をしています。Gunosyで目の前の仕事をクリアしていけば、速い成長ができ、人生の選択肢も自ずと広がるのではと思い、内定をいただいた時は二つ返事で快諾しました。

 

-現在の担当業務について

現在はコンテンツマーケティング事業部のリサーチグループに所属しながら、子会社Grillに出向しています。グノシーの「アンケートタブ」におけるユーザー体験と収益性の向上や、調査会社Grillとしての認知度向上を目標に、施策をディレクションすることが任務になっています。社内社外問わず目を向けるため、業務に幅はありません。
Gunosyでは若手に関係なくチャンスを与えてくれる会社なので、新卒で入社した頃には、新規事業の施策立案などを任されました。プロジェクトの立ち上げ方も、ディレクションも何も分からない所からのスタートだったので、頭がパンクしそうでした。新卒1年目であの経験ができたことは、今後仕事の幅を広げ、色々な施策を実行する上で非常に価値があるものになっています。

 

-Gunosyの魅力を一言伝えると

『知識の共有が当たり前の文化』
社内では、分からない事はすぐに解決するために皆で議論する文化があります。専門知識を持った社員が多いので、知識の共有が当たり前のように行われており、日常的に先輩や上司など年齢に関係なく、「自分がわからないこと」を質問し合っています。
スピード感を持って良い仕事をする上では、わからないことを恥じず最速で有識者の知識を取り入れることが重要と考えている人は多いのではないでしょうか。

 

-Gunosyにフィットする人物像とは

「自発的に動ける方」「素直になれる方」だと思います。業務内容でもお伝えしましたが、新卒2年目でプロジェクト推進を担当されたり、新規事業立ち上げを担当するなど、年齢に関係なく裁量が与えられます。仕事への責任や業務幅は様々だからこそ、指示を待っている人ではなく自身の考えをしっかりと持って発言できる人が向いていると思います。ただ、もちろん誰もが最初からうまくいく訳ではないので、分からない事をすぐに誰かに相談できる「素直さ」も持っていると活躍できると思います。 

 

■オウンドメディア「Gunosiru(グノシル)
「Gunosyで活躍する女性社員に密着vol.6~法律家を目指した新卒2年目が挑戦した、新規事業のディレクション」

Saori.O

コンテンツマーケティング事業部 リサーチG


慶応義塾大学法学部法律学科を卒業。Gunosyのインターンに参加し、プロモーション業務を経験する。その後、新卒でGunosyに入社し、新規事業として立ち上げたばかりのライブ動画事業に参画。事業進行のためのディレクションを行い、現在はコンテンツマーケティング事業部のリサーチグループに所属。プロダクトを横断したコンテンツや施策検討に従事。

Careers at Gunosy

ビジネス職の募集要項へ

社員紹介の一覧へ