社員紹介

情熱的かつ冷静に、

経営層と連携しながら

会社の根幹・営業組織を支える

Moe.K/営業戦略部 部長

-Gunosyに入社を決めた理由

前職では広告主とメディア、それぞれの課題や難しさを実感する一方で、数多くのメディア企業とコミュニケーションの場を持つことができました。そして、今後も増え続けるであろう「Webメディア」や「アプリ」といったソリューションサービスを持つ企業でマネタイズを学びたいと思い、転職活動を決意。Gunosyとは、エージェントに紹介されたのが最初の出会いです。エージェントからは「とても優秀でクレバーな方が多い」と伺っていたこともあり、実は少し冷たい雰囲気の印象を持っていました。ただ、面接で出向いたオフィスの雰囲気はとても柔らかく、定時でしっかりと仕事も納めるなど、良い意味で予想を大きく裏切られたところに惹かれました。

 

-仕事をする上で大切にしていること

常に自分を客観的な立場に置くことです。
自分の仕事や自社のサービスに愛情を持ち、心を込めたサービスを提供することはもちろんですが、時にそれが行き過ぎないよう、常に自分を俯瞰して客観視するようにしています。またコロナ禍になってからは、リモートによるコミュニケーションの変化で感情が歪んで伝わらないよう、チャットのテキストを推敲したり、かける言葉を選んだりと、受け取り手の立場に立って丁寧なコミュニケーションを心掛けています。

 

-現在の担当業務について

営業部門の人事周りや生産性向上のためのツール活用、弊社の広告配信サービス「Gunosy Ads」の広報活動など多岐にわたります。経営層に近い営業推進部といったイメージでしょうか。営業スタッフのかゆい所に手を伸ばすような支援業務を行っています。また、過去に一度だけ開催された「ミライ会議(会社の課題解決を社員主導で行う会議体)」に参加させていただいたことをきっかけに、経営者だとどのように考えるのか?など視座を高める機会になりました。今は経営視点から営業スタッフの生産性が高く、働きやすい環境づくりに力を注いでいます。

 

-今後の目標

Gunosyでは、営業部門のみんながベストパフォーマンスを出せる環境づくりをしていきたいです。仕事をしていることが楽しく、きちんと結果を出せる状況。そして評価もきちんとしてもらえていれば、働くスタッフはもちろん、会社にとっても社会にとっても良い循環が維持できると思っています。そういう意味で、常に前進していきたいですね。
社会人としては、一緒に仕事できて良かったと思ってもらえるようなビジネスパーソンになりたいです。

 

-Gunosyの魅力を一言で伝えると

熱いパッションを持ちながらも、見た目は冷静沈着な仲間たち…という感じでしょうか。
みなさん本当に熱い情熱を持って日々業務をされているのですが、その中でも結構冷静にものごとを見つめている大人な方が本当に多いと思います。

 

-Gunosyにフィットする人材とは

一緒に働きたいと私が考える人は、受け身ではなく自分から仕事を作りに行く成長意欲のある人です。
Gunosyは、発言したことをコミットできる環境を十分に兼ね備えた会社で、任される裁量も多く、だからこそしっかりとした考えを持つ信念も必要。個人的には、負けず嫌いを自負している方とお仕事したいと思っています。

 

■掲載記事

変化があるからこそ自分の成長に繋がる。受賞者3名から見えた仕事術

Moe.K

営業戦略部 部長


大学卒業後、ITベンチャー企業に入社し、アドネットワークの広告主向き合いおよびメディア向き合いの双方の広告営業に携わる。2017年、当社に参画。広告営業を経験し、2020年より新たに立ち上がった現営業戦略部へ配属、その後部長に就任。営業組織の改善や広告商品のマーケティング戦略などを幅広く担当し、営業部門すべてのパフォーマンス向上に寄与する業務に携わる。

Careers at Gunosy

ビジネス職の募集要項へ

社員紹介の一覧へ